タナゴ釣り

2017年2月15日 (水)

春を感じるタナゴ釣り。。

昨日の休みは、予定通り今季の初釣りタナゴ釣りに行ってきました。。

天気予報通り空は綺麗に晴れ渡り、しっかり着込んで日向に居るとチョット汗ばむくらいの陽気で、とても快適にタナゴ釣りを楽しむことが出来ましたね~(^。^)y-.。o○。。

もちろん持参した竿は、一昨日のブログで紹介したBP並継タナゴ竿。。。

ご覧の通り↓開始早々に可愛いタイリクバラタナゴちゃんゲット(^_-)-☆。。。やっぱりタナゴは裏切りません。。

2017215hitori1

今回ご一緒したのは、ポジドライブガレージの飯村さん。。

ポカポカ陽気に誘われて、日向ぼっこに出てきたトカゲちゃんとツーショット撮影成功!!コレ、なかなかいい写真でしょ~。。。

2017215hitori2

まあ、最初に入ったポイントはイマイチ数が伸びず、小移動して新たなポイントを探してたら、盛んにタナゴがヒラ打ちしてる場所を発見し、その後はまさにフィーバーフィーバー(^O^)/。。。

婚姻色も出始め、かなり春色に染まったタナゴ達にしっかりと癒されました。。

2017215hitori3

サイズが大きく綺麗に色付いたタナゴもいいですけど、、限りなく小っちゃいタナゴを手にするのもまた楽しいタナゴ釣り。。10円玉サイズのオチビちゃんを、アベイル恩ちゃんから頂いた小さなケロリン桶に入れて記念撮影!!

2017215hitori4

その後、、、

ルアーのアクションテストなんかもしつつ、次なるターゲットのヤリタナゴを探して大移動。。。

PDG飯村さんのマル秘ポイントで、がっつりとヤリタナゴ釣りも楽しませてもらいました。。

タイリクバラタナゴよりも比較的早いタイミングで婚姻色がマックスになるヤリタナゴはご覧の通り↓ヒレの縁には綺麗な朱色が既にしっかりと出てました。。

2017215hitori6

そしてコチラ↓昨日一番の大物!ビッグママの雌ヤリタナゴゲット(^_-)-☆。。

2017215hitori5

コレくらいのサイズ(10センチ越え)になると、なかなか関東ではお目に掛かれませんから、さすがにチョットはしゃいじゃいましたね~(^。^)y-.。o○。。。

そしてもちろんチビヤリちゃんもゲットしたので、またまた小っちゃなケロリン桶で記念撮影。。

2017215hitori7

もう、春はすぐそこ(*^▽^*)。。

名古屋キープキャストから帰って来たら、いよいよバス釣り本格始動です。。溜まりに溜まった異常釣欲を爆発させたいと思います。。。

果たして、今年はいいスタートが切れるのでしょうか・・・。

楽しみです(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

ルアーマンの為のタナゴ竿。。

とうとう製品版が出来上がってきました。。

コチラ↓BP並継タナゴ竿2尺4本継(18000円)

2017213hitori_1

既に2年ほど前から川口和竿の竿昭さんに「和ラスタタナゴ竿」は作って頂いておりましたが、今回はそのテイストをほぼそのまま生かしグラス製の並継タナゴ竿をカタチにしました。

この2尺と言う長さのBP並継タナゴ竿は全国的なフィールド事情からすると少々短め部類の短竿になるかと思いますが、関東の、とりわけ水郷一帯のタナゴ釣りをするにはまさにベストな長さなのではないかと思います。小さなホソで、えんこしてオカメタナゴの数釣りに興じるのであれば、最も使用する機会が多いレングスになるのではないでしょうか。。

2017213hitori_2

いわゆる量産品の振り出しカーボン竿と比べると3~4倍の価格設定にはなってしまいますが、ルアーマンが持つべきタナゴ竿として作りましたから、色々とこだわりが詰まっておりますからね~(^。^)y-.。o○。。仕舞寸法も20cmととてもコンパクトですし、皆さんのタックルボックスの片隅に常に常備して頂き、陽が昇ってトップの釣りが厳しくなった時にはサクッと竿を取り出して、タナゴ(小物)釣りを楽しんでもらえればいいかな~と。。。

2017213hitori_3

そして、ルアーマンが持つべきタナゴ竿としての演出の一つとして、オリジナルのアルミケースも用意しました。。

2017213hitori_4

このケースはsotipさんに作って頂いた手作りのアルミケースでして、キャップ部分はゴムでつってる状態になっており、キャップを紛失する心配はありません。。また、中に延びる2本のゴムに秘密があります。それは何かというと、竿を袋に詰めずバラで入れたとしても、キャップ部分を半捻りから一捻りすると中のロッドブランクにゴムが絡みつきケース内で竿が暴れる事を抑えるという効果があるのです。。スバラシイ(*^▽^*)。。。

まあ、正直この竿はどれ程のニーズがあるのか?分かりませんが、今回生産したのは30本のみとなっておりますので、欲しい人はお早めに(^。^)y-.。o○。。

ウェブショップはコチラからどうぞm(__)m。。

と言う事で、、、

明日の休みは、このBP並継タナゴ竿を持って今季初釣りに出掛けてきます。。

もちろん、ルアー竿も持って行って、プロトルアーのテストもする予定ですけどね~(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

BP並継タナゴ竿。。

かねてから話題にしてました、グラス製BP並継タナゴ竿の最終サンプルフルセットがまとまりました。。

コチラ↓ルアーマンが持つべき拘りのタナゴ竿と言っていいでしょう。。

2017130tanago

和竿のテイストをそのままにグラスロッドで表現し、それに合わせてルアーマンの魂を込めてアルミケースも作ってみました。。結果的に、BP和竿とほぼ同じ価格帯になってしまいましたが、扱い方を気にしなければいけない和竿と比べて多少ラフに使っても大丈夫ですし、タックルボックスの片隅にでも常時入れておいて、気が向いたらタナゴ釣り(小物釣り)をするようなスタイルにはピッタリのロッドになると思います。

ただ、全長2尺と言う超短竿の部類になりますから、全国的に見るとちょっと物足りない長さになってしまうかもしれませんが、関東のとりわけ水郷エリアであればこの長さでも十分に楽しめるポイントがありますから、問題ありません。。って言うか、むしろこの超短竿で楽しむ近距離戦のタナゴ釣りが自分は一番大好きなんですよね~(^。^)y-.。o○。。

各メーカーさんから発売されている比較的安い量産振り出しタナゴ竿もいいですが、道具にこだわるトップウォーターアングラーならコレくらいの竿を持っててもいいんじゃないでしょうか。。。

発売は2月の前半になりますが、来週から始まるフィッシングショー大阪にもサンプルを持って行きますので、ご興味がある人は手に取ってご覧いただけます。。

また、2月18日から始まる名古屋キープキャストの時には既に製品が出来上がってると思いますので会場にて販売もさせて頂く予定です。

今年はまだタナゴ釣りにも行けてませんが、フィールドの気の早いタナゴ達は既に婚姻色も出始めているみたいですから、フィッシングショー大阪が終わったらこの竿持って釣りに行きたいですね~(^。^)y-.。o○。。

皆さんも、今年は是非タナゴ釣り始めてみてください!!

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

暑くて暑くて、、熱い霞ヶ浦釣行。。

はい、行ってきました霞ケ浦。。全国的にも記録的な猛暑日となり、本当に暑くて暑くって大変でしたが、、そんななか頑張った甲斐あってとても熱い一日になりました。。。

深夜午前2時過ぎ、日本列島の東側を通過した台風の影響を心配してましたが、、都内はほぼ無風。。。って事で、カナディアンカヌーを積んだ状態でも問題なくフィールドに向かう事が出来ました。。

2016810hitori1

ちなみに、都内を出る時の車載温度計の気温は28度。既に普通に暑いです。。しかし、茨城のフィールド近くまで行くと車載温度計の気温は24~25度となり、心地よい風も吹き、都内より圧倒的に過ごしやすい状況に。。。

ただし、いつも行ってる本湖のスーパー護岸エリアは西風に弱いので断念。。で、比較的西風に強いであろうスノヤワラをチョイス。

結果的に、コレが正解だった様です(^。^)y-.。o○。。。

はいコチラ↓開始早々10分も経たないタイミングで7月末に発売したばかりのヒッターで幸先よく霞バスキャッチ(^_-)-☆。。エントリー場所から20メートルほどのポイントでした。。。

2016810hitori2

まだ薄暗かったので写真が粗いですが、コレくらい早いタイミングでバスを手にすると気持ち的にも楽チンですよね~。。。

あとは、カヤックの前で打ってる「本格的なバス釣りは約10年ぶりだ!」という荒井さんに釣ってもらうだけです。。

日が良かったのか、、その後すぐにバイト連発。。。一発目は乗らなくって、、二発目はバラシて、、三発目にお見事!!ロンザパUBキャンベル春日部店オリカラで嬉しい一本、、キャッチです。。。

2016810hitori3

多分、この時点で釣り開始30分も経ってなかったんじゃないでしょうか。。いや~、、ホント久々に良い日に当たったみたいですね~。。霞ヶ浦でもこんな日ってあるんですよね~(^。^)y-.。o○。。だから、暑くてもフィールドに出掛けなきゃ!!

ちなみにもう一人、カヤックで釣りをしていた福島さんも↓立て続けにザッパーで2本のバスをキャッチしていたようです。。。

2016810hitori6

発売したばかりのルアー(ヒッター)で結果を出すという第一の課題をクリアーした自分は、次なる第二の課題「今度発売するルアーで釣る!」って事で、先日ブログでも紹介したキールヘッドJ.D.をチョイスしキャストを繰り返します。。コレは、最終的にベストが出ているプロトだけあって使ってても快適快適(^_-)-☆。。

そして、、その時は唐突に訪れました。。。

二人でカヌーを進ませマッタリと釣りをしてると、、突如目の前でボイル勃発。。自分は、コレを釣りの神様からの贈り物って事で「ギフト」と言ってます。。。

さあ!ちょうど自分はルアーを回収しているタイミングだったので、急いで回収を完了し、すかさずキャスト。。ドンズバでキャストが決まり、、キールヘッドJ.D.の必殺アクションのジャーク一発をかまします。。。

ザクッとルアーがダイブしたタイミングで、ハイ!待ってましたの激しいバイト。。。

そして、その反転する姿はデカいデカい(^0_0^)。。。

直ぐにロッドを絞り込まれ、横に走られたと思ったら、、ナント!!!あっけなくラインブレイク(>_<)。。。

え~~~~~っ!!マジで~!こんな事あり得ないんですけど。。。

2016810hitori5

最初はノットが甘かったのか??と思ったんですが、その切れた箇所を確認してみてビックリ(゜o゜)ものすごい根ズレの跡があって、ラインブレイクの先から1メートルほどのナイロンリーダーはボロボロです。。。(→コレ、記念に取ってありますので興味がある人は言ってください。お見せします。。)

そりゃもう最初は意味が分かりませんでしたけど、、ファイトをしたポイントの周りを注意深く観察してみたら、納得です。。そこには大きな岩が沈んでて隠れ根になっていたんですな~(-。-)y-゜゜゜それが仮に見える障害物だったら確実にそれをかわす動作を起こしていたでしょうけど、それが出来ずただただ強引にやり取りすればラインブレイクしてしまうのは必至です。。

一応写真撮りましたけど↓パッと見じゃ分からないですよね~。。

2016810hitori4

いや~~~しかし、あれはマジでデカかった(>_<)。。多分、自分の霞レコードフィッシュだったのは間違いないでしょうね~。。。50センチの半ばから後半はあったのではないかと・・・。そりゃもうしばらく茫然としてしまって、本当に悔しかったけど、、なんかいい夢見させてもらった感じでもあります。。またこれで、霞ケ浦に行く理由が一つ増えましたね~(^。^)y-.。o○。。いつか必ず手にしたいですね~。。。

同船していた荒井さんはその一部始終を目の前で見て、、「ビデオのワンシーンを見てる様だった。。。」と、自分と同じく興奮気味でした。。

しかし、、、あんな所にあんな大きな岩が沈んでるなんて、全く想像できませんでしたが、そんな場所だったから、奴はそこを餌場にしていたんでしょうね~。。。

そして、、貴重なキールヘッドJ.D.プロトルアーをロストしたこともショックですけど、、奴の口にルアーを残してしまったままキャッチできなかったことが残念で残念で、その後ルアーを自ら外して元気で居ることを願うばかりです。。これまで40年近くトップのバス釣りやってて、隠れ根でラインブレイクするなんてなかったから対処できませんでした。(→ワームの釣りでは経験した事ありますけどね・・・。)

その後も午前7時過ぎ位まで薄曇りが出てて、それほど気温も上がらず、、前を打ってた荒井さんのキャストするロンザパUBにバイト連発。。しかし、、久々のバス釣りと言う事もあってかバラシたり乗らなかったりで、結局追加のバスを手にする事はできませんでした。

結局自分は4バイト1フィッシュ1ラインブレイク、荒井さんは7バイト1フィッシュ3バラシと、、わずか4時間足らずの間に二桁バイトを貰うという、熱い内容の大満足の釣行となりました。。

さてさて、、、

その後は、3人でタナゴ釣り。。しかし、その頃から夏の空は本気を出しはじめ、浮きを見つめる目に汗が流れ、そりゃもう痛くて大変。。。

2016810hitori7

車載温度計は35度を超える状況ではありましたが、、タナゴちゃんは裏切りません。。御覧の通り↓先ずはタイリクバラタナゴ大漁です。。。

2016810hitori8

更に気温が上がる中、、在来タナゴの「ヤリタナゴ」を釣るべくポイント移動。。

2016810hitori9

そして↓ミッションコンプリート!!しっかりとヤリタナゴも釣ってもらう事が出来ました。。見てください、、福島さんの顔に滴る汗。。

2016810hitori10

お疲れさまでした(^。^)y-.。o○。。

もうこれ以上、釣りを続ける体力は3人には残っておらず、ココで終了。。で、最後に記念撮影。。。

2016810hitori11

とっととクーラーの効いた車でお家に帰ってきちゃいました。。

しかし、、都内の気温は車載温度計で38~39度と茨城とは比べ物にならない不快な感じで、もうびっくり。。外があまりに暑いもんだから、家のクーラーもそんなに効かなくって、バーナビーはちょっとキツそうでしたね~。。

2016810hitori12

頑張れバーナビー!あと2~3週間の我慢だ(^O^)/。。。

さてさて、、、

最後に、ここまで釣行記を読んでくれた人に耳寄りな?お知らせ。。

明日からお盆休みってヒトも多いと思いますので、何かできないかって事でちょっと考えてみました。。

この夏休み期間を利用して東京に来るって人も多いでしょうから、そんな人へのプレゼント?企画。。

明日11日(祝)~15日(月)の5日間で、東京以外からご来店頂いた場合「○○県から来ました!」とだけ言って頂ければ、BP製品を全て10%オフとさせていただきます。。(→16日火曜日は定休日でお休みです。)

って事で、皆さんのご来店お待ちしてます(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

タナゴ竿用アルミケース。。

既に、6月26日のブログで紹介したBPカーボン製タナゴ竿ですが、、その時に課題として挙げていたタナゴ竿用のアルミケースのプロトモデルが上がって来たので紹介させて頂きます。。

コチラ↓sotipさんにご協力いただき良い感じの物が出来上がってきましたよ~(*^。^*)。。

2016808hitori1

やっぱり、ルアーマンが持つタナゴ竿としての一つのこだわりとしてアルミケースは必須だと思った訳でして、それがまた一つカタチになりました。

2016808hitori2

このケースの何が凄いって、その見た目だけじゃなく、ちょっとした工夫が詰め込まれている点にご注目頂きたい。。。

キャップ部分はねじ込み式じゃなく、ゴムで引っ張って蓋をする様な構造になっており、これによりキャップを現場でなくす心配もありませんし、ロッドへのアクセスも簡単になります(^_-)-☆。。。

2016808hitori4

更にキャップから手を外しても御覧の通り↓キャップが開いた状態のままで固定できますので、竿の出し入れにも便利です。。

2016808hitori5

更に更に、、竿を入れた後にキャップをちょっと回すとケース内のゴムが捻られ、それが竿に巻き付き、ケース内の竿が暴れるのを防ぐことも出来るのです。。コレはスバラシイ( ̄▽ ̄)。。。

まあ、この仕組みを考えたのは自分じゃなく、、sotip高島さんなんですけど、、このアイデアにはホント自分も大満足ですね~。。コレは、なんならタナゴ竿用のケース単体で発売してもニーズがあるのではないでしょうか。。。

まあ、一個一個手作りで作って頂くので安いもんじゃないですけど、、ケース単体発売も視野に入れつつ、考えていきたいと思います(^。^)y-.。o○。。

2016808hitori3

そんなこんなで、、明日はこのタナゴ竿を携え、霞水系でバス&タナゴ釣りを楽しんで来ようと考えてます。。

正直なところ台風の影響による強い風が心配ですが、、まあどうにかなるでしょう。。。

って事で、今日の営業は午後8時までの短縮時間営業とさせていただきます。。

アシカラズご了承くださいm(__)m。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

超短タナゴ竿。。

BP和ラスタたなご竿もとうとうこの領域まで来ました。。

六寸切り三本継・全長1尺6寸。全長で2尺にも満たない48センチと言う超短竿。。。まさにこれこそタナゴ竿って感じの華奢な雰囲気がタマリマセンね~(^。^)y-.。o○。。

2016729hitori1

この↑写真だとサイズ感が分かりにくいかと思いますが、手の上に乗せるとこんな感じで↓もうホント割り箸よりもずっと細いですから。。。

2016729hitori2

特にこの写真は印籠継の一番細くって柔らかいものですからなおさらです。。

もちろんここまで短い竿だと、全国どこでも使えるという万能な長さではありませんが、とりわけ霞ヶ浦水系などではこの長さで十分に楽しめるホソがいっぱいありますし、むしろこの短さだからこそ都合が良かったりもします。。

ある程度効率的に数狙いをしたいのなら硬調子を。。一匹一匹の引きを楽しみたいのであれば軟調子→印籠継をチョイスすればいいのではないかと思います。。ただ、鮒とか鯉の大き目の外道が混ざるようなポイントで使うのは、竿が華奢なだけにちょっと恐いですね~(^。^)y-.。o○。。そりゃもう、大きな外道が掛かった時には全力で仕掛けを掴んで細い華奢な竿を守るしかありません。。。まあしかし、これだけ短い竿だとすぐに仕掛けに手が届きますから大丈夫でしょう。。

季節的にはタナゴ釣り、、、って感じではないかもしれませんが、この手の和竿は次から次に出来上がってくるものじゃありませんから、興味がある人はこの機会を逃さないでくださいね~(*^。^*)。。。

ウェブショップはコチラからどうぞ。。。

さあ、、、

今日はこれから、明日からの出荷作業に備えて伝票書きなどの準備をしなきゃいけませんので、これにて失礼しますm(__)m。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

BPカーボン製タナゴ竿。。

久々にタナゴ釣りの話題です。。

これまで、、オリジナルのタナゴ釣りアイテムとしては、ソリッド穂先を利用したBPタナゴ竿や、BP和ラスタタナゴ竿などを作ってきましたが、実は現在こんなのを↓仕込んでます。

カーボン製の並み継カーボンタナゴ竿。。6寸切り4本継で全長2尺。BP和ラスタタナゴ竿の雰囲気を引き継いだデザインとなっております。

2016626hitori

竹竿だとどうしても気を使わなきゃいけない部分もありますが、これなら安心して使えるのではないかと。。もちろん値段的にも和竿ほど高くはならないと思います。

まだ調子など細かな部分は詰めなきゃいけませんが、硬めの和竿テイストに近い物にしたいですね~。。

そして、何より拘りたいのがケース。。やっぱりルアーマンとしてのアイデンティティーを出して、小さなアルミ製ロッドケースを作りたいと考えてます。。コレは↓ちょっと短すぎて参考にならないかもしれませんが、こんな小さなアルミケースに入ってたら、タックルボックスの片隅に入れておいても違和感がないのではないでしょうか。。

2016626hitori2

まあ、本来なら釣りに行った際に写真を撮って紹介したかったんですが、なんだかんだと釣りに行けてなくって、こんなタイミングでの紹介となってしまいました。。

とにかく、、タナゴ釣りをやってなくても欲しくなってしまうようなタナゴ竿、作ってみようと思います。。。

発売までにはまだまだ時間が掛かると思いますが、お楽しみに(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

お誕生日タナゴ釣りの旅。。

ハイ。。行ってきましたタナゴ釣りの旅、51歳の誕生日。。。

向かったのは約4時間かけて2年連続の新潟県某所。。天気予報では関東よりも天気の回復が早く、9時過ぎから晴れの予報が出てたんですが、、一向に雨が止む気配なし(>_<)。。。

って事で、予定通り?雨が止むまでの間はバス釣りを楽しむことに。。

先ず向かったのは、地元新潟では有名?な清潟と言うこじんまりとしたフィールド。。ご一緒したロッキー君と合羽に着替えオカッパリ。。。

2016518hitori1

バス釣りには最高の雰囲気だったんですが、、、残念ながら異常なし。。(→自分のザッパー・ミチコに雷魚のキスバイトはありましたけどね。。)

午前10時過ぎ。。まだ雨がやまないので次なるバスフィールドへ。。。ココは↓山間の小さな野池。。

2016518hitori2

ココも雰囲気は良かったんですが、異常なし。。気温は相当低く、冷たい雨だったためか?バスの活性が低かったのではないかと推測します。(→釣り人の勝手な妄想。。)

ココでやっと雨も上がり、、いよいよ本番のタナゴ釣りポイントへ移動し、一年ぶりのタナゴ釣り開始(^。^)y-.。o○。。。

2016518hitori3

去年より1か月遅いタイミングだったため、水面にはヒシモが生え始め雰囲気は全然違います。。そのヒシモの隙間を縫って、仕掛けを投入しタナゴを狙います。。

ここでまた面白かったのが、なぜが去年と同様に自分だけオスのタナゴが釣れません。。釣れども釣れどもメスばかり(>_<)。。どんだけタナゴのオナゴにモテるんだと。。。ヒトのオナゴだったら万々歳なんですけどね・・・。

で、やっと婚姻色の出たタナゴだ!と思いきや、本命のタナゴじゃなくタイリクバラタナゴのオス。。。もちろんコレでも嬉しいんですけど、狙っているのはこの地域の在来固有種「キタノアカヒレタビラ」なんです。。

2016518hitori4

そして、やっとの事で手にしたのがコチラ↓キタノアカヒレタビラの婚姻色が出たオスです。。可憐で美しいでしょ~(*^。^*)。。。

2016518hitori5

コレですコレ!!わざわざ4時間掛けてコレを釣りに来たんですから。。って事で第一の目標達成(^_-)-☆。。。

ちなみにココでは、タイリクバラタナゴ、キタノアカヒレタビラ2種のタナゴの他に、フナ、クチボソと、、ちょっとレアキャラのシナイモツゴも釣れました。。

2016518hitori6

シナイモツゴは写真右上の辺で背中を見せてる魚なんですが、横向きにしようとしてもすぐに立ってしまう習性を持ってるようです。。小さいけど、力強い魚です。。。

コチラ↓美男子のみの集合写真(^。^)y-.。o○

2016518hitori7

エメラルドグリーンに輝く美しい魚ですよね~。。。

もちろんこれで満足する訳もなく、次なるポイントへ。。

2016518hitori8

ココは、思いのほか降り続いた雨の影響で水量が多く流れがキツくてちょっと苦戦しましたが↓在来タナゴ達が適度に遊んでくれました。。

2016518hitori9

更に次のポイントはまさにヤリタナゴマンション状態でして、短時間で相当数のヤリタナゴを手にする事が出来ました。。(→これで全部ではないです。)

2016518hitori10

そしてそして最終ポイント4か所目では↓この日初のカネヒラも手にし、タナゴ4目達成です(^_-)-☆。。

2016518hitori11

ちなみにココでも1匹のキタノアカヒレタビラのオスが釣れ、嬉しい誤算もありました。。

ってな感じで、そりゃもうお腹いっぱいにタナゴ釣りを楽しませて頂きました。。去年に続いて案内役をしてくれた玉ちゃん!ありがとうございましたm(__)m。。まさに、、忘れられない51歳の誕生日となりました。。

また来年?もヨロスクです(^O^)/。。。それまでに、例のあの魚、、探しといてくださいね~。。。

さてさて、、、

そんな中、ザッパーフォトコン写真も届いてます。。

まずはコチラ↓42センチからスタートして、45センチと続き、、今回は48センチのナイスバスキャッチした三重の小○さん。。オメデトさんです(^。^)y-.。o○。。

2016518toukou1

この流れだと、ここまで3センチづつ刻んでるので、、次は51センチが釣れちゃうんじゃないですか~。。。

2016518toukou2

更なる朗報に期待せずには居られませんね~(^。^)y-.。o○。。

更にコチラ↓コバ~~~ンもバースデーマグナムフィッシュをキャッチ!!

2016518toukou3

アリガトさんです(^O^)/。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

釣れない写真いっぱいの釣行記。。

ハイ。残念ながら、結果から言いますとまた今回も釣れませんでした。。残念(>_<)。。。

けど、なんだかんだと写真はいっぱい撮ってきたので、、写真いっぱいの釣れない釣行記アップさせて頂きます。。

先ずは、夜が明けると同時に桜の花咲く小貝川福岡堰へ今季初カヤック浮き浮きスタートフィッシング。。

2016406hitori_4

微風、霧雨でちょっと寒いくらいの天気でしたが、、釣れそうな雰囲気だけはムンムンだったんですけどね~。。。

桜の花は6~7分咲きといったところで、まだ花びら絨毯は少なめだったので、ダブルスイッシャーの「スゥィーパー」もどうにか使う事が出来ました。ちなみにコレが、桜の花が散る終盤に差し掛かると、花びら一杯になっちゃって、限られたルアーしか使えなくなっちゃいますからね~。。

2016406hitori_5

そうこうしてるうちに、すでに先日今季初バスを手にしてる強い味方、勇崎さん登場!一緒に気合い入れてキャストを続けます。。

2016406hitori_6

まあ、なんでしょう、、桜の花と言いウグイスの鳴き声と言い、春らしさは全開なんですが、全く反応なし(>_<)。。ちょっと早かったのかな~。。。

更に、名前は聞き忘れましたが、野田市から駆け付けてくれたバイキングカヤックに乗る援軍も一人増え、くまなく3人で頑張ったんですよ。。

2016406hitori_9

とにかく3人の力を合わせても力及ばずで、三人揃って完全無欠のノーバイトノーフィッシュ。。

4月24日に開催するカヤックミーティングの際にリベンジ出来る事を願うばかりです。。。勇崎さん、今度こそは頑張ろうね!!

2016406hitori_8

そうこうしてるうちに、9時過ぎた位から花見客がどんどんやって来て、お花見カヤッカーも続々と現われ始め、平日なのにかなり賑やかなフィールドに。。

2016406hitori_12

ってな感じで、今週末辺りにここで釣りをしようってヒトは朝イチから9時くらいまでが勝負になると思います。多分、週末ともなると駐車場もすぐにいっぱいになってしまうと思いますので、計画してる人はお気を付けくださいm(__)m。。

釣りを切り上げた後は、カヤックルアー「スゥィーパー」の写真をいろいろ撮ってみました。。

スゥィーパーとお揃いカラーのマイカヤック「サンティ」の上に乗っけて撮ってみたり。。

2016406hitori_2

桜の花びらが浮かぶ水面に浮かべて撮ってみたり。。

2016406hitori_3

で、最後に橋の上から記念撮影。。。

2016406hitori_10

とにかくこの週末にはここの桜は見ごろを迎えます。。釣果はともかく、この雰囲気を味わえるのは一年でこのタイミングだけですから、ご近所の人は足を運んでみてはいかがでしょう(^。^)y-.。o○。。まあ、なかなか癒されますから。。。

その後、午後からは冬タイヤからノーマルタイヤに交換する用事があったので、途中の手賀沼水系のとある小さな水路でちょっとだけタナゴ釣り。。

こんな↓ところです。。ホントすぐ足元で釣る感じなので、先日入荷したばかりの8寸切り3本継のBP和ラスタ2尺1寸をチョイス。。

2016406hitori_13

周りには、つくしがいっぱい生えてましたね~(*^。^*)。。

2016406hitori_14

今回はタナゴ釣りの方もなかなか苦戦しましたが、小一時間でつ抜けしたところで終了。。アタリはあれどなかなか乗らなかったり、そのアタリもなかなか微妙で、ちょっと熱くなっちゃいましたね~。。。やっぱり、メジャーフィールドのタナゴ釣りは難しいです。。

2016406hitori_15

以上、とりとめのない釣行記でした。。。

さて!来週は何処へ行こうか??

そろそろ、初バスを手にしたいですな~(-。-)y-゜゜゜

BPトップページ

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

ポカポカ陽気!がしかし・・・。

行ってきました!今季初の印旛水系。。。

皆さんもご存知の通り、昨日の朝はとても暖かく、モヤが広がり幻想的な景色が広がるなか明るくなると同時にフィッシングスタート。。

ご一緒したのはコチラ↓印旛在住の謎の覆面レスラー?シマシマン。。

2016309hitori_1

思っていたほど濁りは入ってないし、増水もそれほどでもありません。前日の雨の影響は限定的だったようでして、流れ込みからの水の勢いもいつも通りな感じ。。

そりゃもう、、今か!今か!!と期待に胸膨らませキャストを繰り返します。。葦の色が茶色い以外は、マイナス要素はないですからね~。。

2016309hitori_2

いや~、、しかしそれほど甘くはなかった・・・。

あっという間に時間が過ぎ、7時前にはモヤで陽も出てないのに、しばらくすると暑いくらいだったので上着を脱ぐことに。。

そして、このフィールドで自分が最も得意としているドン突きのポイントが近づいてきます。。そこは、ガマメインで単調な雰囲気が続く印旛水系独特のフィールドの中で、貴重なオーバーハングと流れ込みが絡んだ超一級ポイント。過去にはここで幾多の魚たちとの出会いがありました。。

しかしです。。。

なんと!工事で重機が入ってて、あのオーバーハングを形成する木が伐採されてるではないですか!!!なんてこった(>_<)。。コチラ↓見る人が見れば分かると思いますが、コレは相当ショックでしたね~。。

2016309hitori_3

こんな場所に、いったい何を作るのか?!ホント、これで相当意気消沈しちゃいました。。。

はい。。その後、リボルバー#514SDならストレスなくキャストできるミチコサイズまで投入するも、、何事も起こることなく、シマシマンの仕事の都合もあって午前10時前にストップフィッシング。。。

ひたすら続く、茶色いモヤのかかった景色ながら、、春はもうすぐそこまで来てるんでしょうけど、撃沈でした。。(→ちなみに、日曜日には印旛水系でで53センチ上がったらしいです。)

その後、本物のレスラー佐藤ヒカル君と合流し、、しすい亭で↓メンコロ定食を食べた後は印旛タナゴ釣りの旅へ。。

2016309hitori_5

何か所か新規開拓を試みるも、目ぼしいポイントは見つからず、、結局コチラ↓実績のあるとあるワンドへ。。

2016309hitori_6

自分はナント!開始2投目にして本命のタナゴをキャッチ。。

2016309hitori_7

やっぱりタナゴちゃんは裏切りません。。

一方のヒカルンはと言うと、なかなか本命のタナゴが釣れず、しばらく小鮒連発。。。まあ、最終的には5~6匹のタナゴを手にする事が出来ましたが、力の差(経験の差?)を見せつけることができましたかね~(^。^)y-.。o○。。

その後、ポイント情報提供者のMさんも合流し、ポカポカ陽気の元でのんびりとタナゴ釣りを楽しむことができました。。

2016309hitori_8

最後に↓3人で記念撮影(^_-)-☆。。

2016309hitori_9

夕方には家に帰らなきゃいけなかったので、夕マズメはバス釣りをすることなく帰路に着きました。。。

ってな感じで、、2016春の印旛釣行は終了となりました。。

さて。。。

そんな同じ日に、、コチラ↓トパ野郎はいい魚釣ってます。。

2016309hitori

チョッカーUBでプリッとナイスコンディションの春バス。。(→詳細は「投稿写真ブログ」へ。。)

やっぱり、自分も黙ってダム系フィールドに行ってればよかったかな~(-。-)y-゜゜゜

まあ、来週こそは2016シーズン初バスを手にできればと思います。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧