新商品情報

2017年2月13日 (月)

ルアーマンの為のタナゴ竿。。

とうとう製品版が出来上がってきました。。

コチラ↓BP並継タナゴ竿2尺4本継(18000円)

2017213hitori_1

既に2年ほど前から川口和竿の竿昭さんに「和ラスタタナゴ竿」は作って頂いておりましたが、今回はそのテイストをほぼそのまま生かしグラス製の並継タナゴ竿をカタチにしました。

この2尺と言う長さのBP並継タナゴ竿は全国的なフィールド事情からすると少々短め部類の短竿になるかと思いますが、関東の、とりわけ水郷一帯のタナゴ釣りをするにはまさにベストな長さなのではないかと思います。小さなホソで、えんこしてオカメタナゴの数釣りに興じるのであれば、最も使用する機会が多いレングスになるのではないでしょうか。。

2017213hitori_2

いわゆる量産品の振り出しカーボン竿と比べると3~4倍の価格設定にはなってしまいますが、ルアーマンが持つべきタナゴ竿として作りましたから、色々とこだわりが詰まっておりますからね~(^。^)y-.。o○。。仕舞寸法も20cmととてもコンパクトですし、皆さんのタックルボックスの片隅に常に常備して頂き、陽が昇ってトップの釣りが厳しくなった時にはサクッと竿を取り出して、タナゴ(小物)釣りを楽しんでもらえればいいかな~と。。。

2017213hitori_3

そして、ルアーマンが持つべきタナゴ竿としての演出の一つとして、オリジナルのアルミケースも用意しました。。

2017213hitori_4

このケースはsotipさんに作って頂いた手作りのアルミケースでして、キャップ部分はゴムでつってる状態になっており、キャップを紛失する心配はありません。。また、中に延びる2本のゴムに秘密があります。それは何かというと、竿を袋に詰めずバラで入れたとしても、キャップ部分を半捻りから一捻りすると中のロッドブランクにゴムが絡みつきケース内で竿が暴れる事を抑えるという効果があるのです。。スバラシイ(*^▽^*)。。。

まあ、正直この竿はどれ程のニーズがあるのか?分かりませんが、今回生産したのは30本のみとなっておりますので、欲しい人はお早めに(^。^)y-.。o○。。

ウェブショップはコチラからどうぞm(__)m。。

と言う事で、、、

明日の休みは、このBP並継タナゴ竿を持って今季初釣りに出掛けてきます。。

もちろん、ルアー竿も持って行って、プロトルアーのテストもする予定ですけどね~(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

フローティングバズ。。

立て続けのアップになりますが、コチラもギリギリ間に合いました。。

以前ブログで紹介した際には最も注目度の高かった↓フローティングバズです。。

2017129hitori_1

ネームは他にもいろいろ考えたんですけど、名は体を表すって事で、ベタな「フローティングバズ」に決定。。。まさにその名の通り、浮くバズベイトで、これまでのバズ系ルアーとは一味違うアクションを実現する事が出来ます。バズパーツ自体に浮力があるので、なんでしょう、、ジョイント系ルアーの様な軟らかいアクションを演出する事が可能になります。

ちなみにワイヤーパーツが間に合わず、手曲げのやっつけ仕事になってしまってますが、まあ大まかにはこんな感じで作る事になるでしょう。。また、最初に作った時よりバズペラのアルミ素材の厚さを薄くして、フロントのバズパーツ全体の浮力を高めております。。。

2017129hitori_3

あと、分かりずらいですが、バズパーツは2種類あって、左右対称にスムーズに回るタイプと、軸を外して多少ブレが出るタイプを用意する予定です。。

尚、今回紹介してる5色は魚矢スペシャルカラー定番の魚カラーで、レギュラーカラーでは全く違ったカラー展開の物を発売する予定です。。

発売は5月以降の予定です。。。

お楽しみに(^。^)y-.。o○。。

もちろんコチラもフィッシングショー大阪でご覧いただく事が出来ます。

BPトップページ

| | コメント (0)

ムサコ。。

今日もバタバタと2017新作をご紹介します。

12月4日のブログで紹介した↓クリークチャブ「サーフェス・ディンバット」イメージからの、エキスパートボディーをベースにカタチにした、取り替え可能なラバースカートで誘うすり抜け系ルアーの名前は、、ムサコ“MUSAKO”で決定!!

2017129hitori_2

エキスパートボディーのフロント部分を削って縦長カップ形状にシェイピングした、ポッパーテイストの首振りが得意なルアーで、エキスパートよりちょっと軽い24~25グラムの7/8オンスクラス。

2017129hitori_4

ラバーパーツは色々あれど、経年劣化で気が付くとグズグズになってることが多いので、いわゆる一般的なラバースカートを簡単に交換装着出来る様な仕組みとなってます。コレなら市販品のラバースカートを購入し、ユーザー自身が簡単に交換作業が出来るのではないかと。。

2017129hitori_5

最終的には、まだラバースカートの種類(長さ・質)などを精査する必要があるかと思いますが、とりあえずこういったカタチになりました。。

今回のウオヤカラーは、ストームライクなのスケールカラーでまとめてみましたが、フワフワとラバーで誘うフロッグを意識したルアーと言ってもいいでしょうか。。なので、レギュラーカラーではそんなテイストのカラーリングも発売しようかと考えております。。

コチラもフィッシングショー大阪に持って行きますので、ご来場の際にはご覧いただく事が出来ます。

以上、ザッと急ぎでご紹介させて頂きましたが、また後日落ち着いてから動画なども交えて詳しく説明させて頂きますm(__)m。。。

BPトップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

BP並継タナゴ竿。。

かねてから話題にしてました、グラス製BP並継タナゴ竿の最終サンプルフルセットがまとまりました。。

コチラ↓ルアーマンが持つべき拘りのタナゴ竿と言っていいでしょう。。

2017130tanago

和竿のテイストをそのままにグラスロッドで表現し、それに合わせてルアーマンの魂を込めてアルミケースも作ってみました。。結果的に、BP和竿とほぼ同じ価格帯になってしまいましたが、扱い方を気にしなければいけない和竿と比べて多少ラフに使っても大丈夫ですし、タックルボックスの片隅にでも常時入れておいて、気が向いたらタナゴ釣り(小物釣り)をするようなスタイルにはピッタリのロッドになると思います。

ただ、全長2尺と言う超短竿の部類になりますから、全国的に見るとちょっと物足りない長さになってしまうかもしれませんが、関東のとりわけ水郷エリアであればこの長さでも十分に楽しめるポイントがありますから、問題ありません。。って言うか、むしろこの超短竿で楽しむ近距離戦のタナゴ釣りが自分は一番大好きなんですよね~(^。^)y-.。o○。。

各メーカーさんから発売されている比較的安い量産振り出しタナゴ竿もいいですが、道具にこだわるトップウォーターアングラーならコレくらいの竿を持っててもいいんじゃないでしょうか。。。

発売は2月の前半になりますが、来週から始まるフィッシングショー大阪にもサンプルを持って行きますので、ご興味がある人は手に取ってご覧いただけます。。

また、2月18日から始まる名古屋キープキャストの時には既に製品が出来上がってると思いますので会場にて販売もさせて頂く予定です。

今年はまだタナゴ釣りにも行けてませんが、フィールドの気の早いタナゴ達は既に婚姻色も出始めているみたいですから、フィッシングショー大阪が終わったらこの竿持って釣りに行きたいですね~(^。^)y-.。o○。。

皆さんも、今年は是非タナゴ釣り始めてみてください!!

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

名前はダンカーで決まり。。

はい。今日も2017新作の紹介です。。

以前、ブログでもプロトルアーを紹介した事もありましたが、その後大きな変更点もなくサクッとベストが出たルアー↓ダンカー“Dunker”です。。。実はこうやって、安産で誕生したルアーって何故か釣れるルアーだったりするんですよね~。。

2017127hitori_1

写真の5色は再来週から始まるフィッシングショー大阪に向けて用意した魚矢スペシャルカラーの5色で、もちろん前後してレギュラーカラーも発売する予定です。

さて、ダンカーと言うネームはどこから来たものか?感の良い人はもちろん分かりますよね~(^。^)y-.。o○。。そう!オールドルアーの中でも自分が愛してやまないクリークチャブの「ポップンダンク」にインスパイアーされ生まれたルアーだからでして、、ザッパーやフッカーやヒッターやチョッカーなどでお馴染みのネーミングパターンで考えて、今回はダンカー“Dunker”となった訳です。。

2017127hitori_4

クリークチャブの「ポップンダンク」は本当にいいルアーなんですが、重量が15グラム前後と少々軽く、とりわけダイレクトタックルだとイマイチ気持ちよくキャストできない重量感なんです。そこで、自分にとって都合の良いサイズ感に置き換えて21~22グラムの3/4オンスクラスでカタチにした訳です。。大きすぎず小さすぎず気持ちよくキャストできるサイズ感。コレ個人的にはとても重要です。。

尚、今回の魚矢スペシャルカラーは、ナチュラルベースのクラックルスポット系のカラーを全5色揃えてみました。。御覧の通り↓お腹側はクリアーで木目が見えるナチュラル塗装となっております。

2017127hitori_2

フロント部分のアップは↓こんな感じです。。

2017127hitori_3

時にはポッパー的に、時にはダーター的に、更に時にはライブリー的に、、大きく3つのアクションを組み合わせて演出できる多芸なルアーで、しかもそれが簡単にアクション出来るんです(^。^)y-.。o○。。強くも弱くもスピーディーにも扱えるし、いろんな場面で活躍してくれるルアーになるのではないでしょうか。。。

ちなみに、コチラの新作ルアー「ダンカー」はゴールデンウィーク前の4月末に発売予定となっております。お楽しみに(^O^)/。。。

さてさて、、、

話変わってコチラ↓今年もスミスさんのカタログが届きました。

2017127hitori

ウェブショップでお買い物のついでに送ってほしい!ってヒトは、備考欄にでも「スミスカタログ希望!」と明記頂ければ一緒にお送りします。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

2017NEW BPロッドS-3 Guide。。

BPロッドの超定番アイテムBPロッドS-3に新たな仲間が新登場。。

ソリッドグラスロッドのエントリーモデルとしてもオススメのNEWアイテム↓BPロッドS-3 Guide(17800円)です。。

2017126hitori

写真を見てすぐにピンと来た人も居るでしょう。。そう、チコロッドやチコロングでも採用したオリジナルのバットインフェルール仕様となり、ガイドはハードガイドが装着されたチョイ廉価版のS-3と言う事になります。。

2017126hitori_3

業界情報通のヒトはご存知かもしれませんが、実は多くのロッドをOEM生産してる天龍さんが設備入れ替えの為2017シーズンはロッドを生産しないと言う事になって、となるとずっと定番で生産し続けてきたS-3が生産できないじゃないか、、、って事で、だったらこの機会に別バージョンのS-3を作っちゃおう!となった訳です。。。

ガイドが違う為、ほんとチョットだけ調子は変わりますが、ほぼS-3そのまんまですから、オススメの定番ソリッドグラスロッドである事は間違いありませんからね~(^。^)y-.。o○。。

2017126hitori_2

普段S-3に装着しているSicガイドと比べ、ハードガイドはガイド重量が重い分その重さにブランクが引っ張られて僅かにダルさが出る感じと言ったらいいでしょうか。。もちろん好き嫌いはありますが、こっちの方が好みだ!って人も居るんじゃないかと思います。。

あと、この↓オリジナルバットインフェールールですが、従来のS-3などに使ってる一般的なフェールールより間違いなく強い構造となります。。一般的なフェールールは長年ハードに使用し続けると金属疲労により根元で折れてしまう事がありますが、このソリッドグラスとバットインフェールールの組み合わせは最強でして、どんだけハードに使っても折れる心配はないでしょう(^_-)-☆。。

2017126hitori_5

つまり、エントリーモデルにして最強のロッドが出来上がったと言う事になります。。

また、これまでにも時折このバットインフェールールはどんなグリップにも装着可能なんでしょうか?と言った問い合わせを頂きましたが、もちろん大丈夫!!御覧の通り↓グリップの上にかすかに金属部分が見える様な感じになり、それがワンポイントとなってむしろスッキリとしたグリップ周りを演出できます。。

2017126hitori_4

コレにより、よりスマートな感じでタックルが組めるのではないでしょうか。。。

発売は、ゴールデンウィーク前後のタイミングになるかと思いますが、フィッシングショー大阪や名古屋キープキャストにはサンプルを持ち込んで展示しますのでご興味ある人はぜひ手に取って実感して頂ければと思います。。

BPトップページ

| | コメント (0)

グラマラスボウ・アナアキG。。

近々、ティートの人気ロッド「グラマラスボウ・アナアキG」が発売になります。

商材写真が用意されておりませんが、イラストではこんな感じ。。

Glamorousbou_ana_g2017

分かりずらいですが、これまでのモデルからの仕様変更はなく、カラー変更のみとなります。

富士オーシャントップ及びKガイドで総ガイド数10ヶ!
(トップより6.6.6.6.6.6.6.7.8.10とガイド径を2番手落としました。)
赤茶色地にNCP赤茶色スレッド、一粒300メートルのグ◯コ風!
sus製オリジナルANARCHYフェルール使用

出荷予定 近日
定価 50.000円(税込み54,000円)
オマケで竿袋が付くとのことです。。

既に、今回生産分の注文数完売したとの事で、もちろんウチのお店も注文入れましたがどれ程の本数が最終的に入荷するかは今のところ分かりません。。

そういった状況で、確実に対応できるか分かりませんが、それでも大丈夫!ってヒトはご注文頂ければと思います。。。

問い合わせ・ご予約はbasspond@director.email.ne.jpまで。

もしくはTEL:03-3711-5035

通販は代引きで、税抜きお買い上げ1万円以上で送料・代引き手数料サービス。

話変わって、、、

BPベイトの今月のアイテム「キール・ヘッド」2017新色の販売店さんからの注文締め切りが明日に迫っております。。

2017114hitori_1

今回も十分にメーカー在庫を持てる量を生産しますが、いち早く最寄りの販売店さんでご希望のカラーを手に入れたいってヒトは、ごひいきの販売店さんでご予約よろしくお願いします(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

J.D.スイッシャー。。

昨年発売したジャーク&ダイブが身上のペンシルベイト「キールヘッドJ.D.」。。

2017122hitori_2_2

このルアーは実に男らしいルアーで、水面をザクザクと切り裂いてジャーク&ダイブで強烈にアピールするタイプのルアーなんですが、、このルアーを作った当初から考えていたのが同じボディーを使ったダブルスイッシャータイプのルアーです。。

実は、昨シーズン中には既に簡単にリグったプロトルアーを使ってたりもしたんですが、発泡製ルアーをしばらくの間発売する事が出来ない現状を踏まえて、コレを前倒しで発売する方向で調整を進めています。

大きく分類するとコチラの↓4種類のパターンが考えられます。。

2017122hitori_1

左から、純然たる3フッカーのダブルスイッシャー、テールにキールブレードを配した2フッカーのダブルスイッシャー、ウィロータイプのアンダーブレードを装着したダブルスイッシャー、そしてコロラドタイプのアンダーブレードを装着したダブルスイッシャーです。。

まあ、それぞれに特徴があって使い手によって好き嫌いが分かれるところかと思いますが、2月に開催される「名古屋キープキャスト」の際にはリサーチモデルとしてこのJ.D.スイッシャー(仮名)のいろいろなタイプを作って、会場でこのリサーチモデルを販売しつつ、来場した皆さんの反応を聞いて今後の参考にしたいと考えております。。

用意するカラーは、この写真の4色と言う事ではなく、例年通りいろんなカラーを塗ってみたいと思います。

もちろん製品版でも複数のタイプを発売する可能性もありますが、その辺は流動的に考えて行こうかな~と。。。

ちょっと先の話ではありますが、お楽しみに(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

2年ぶりのキール・ヘッド。。

すっかり告知が遅くなってしまった今月発売のアイテムはコチラ↓約2年ぶりの新色発売となるキール・ヘッドです。。

2017114hitori_1

実は、そもそも今月末発売のアイテムは発泡製ルアーの「ロンザパUB」の新色を発売する予定だったんですが、例の工場の件もあってブランクを生産する事が出来ず、、急遽アイテム変更してキールヘッドを発売する事となりました。。

あまりに急だったので、ウッドルアーのブランクも用意できないですし、となるといち早くブランクを準備出来るプラスチック製ルアーしか生産対応できなかったのです。。。

まあ、昨シーズン中にはキールヘッドの生産は無く、メーカー在庫も残り1色のみとなっていたので、ちょうどいいタイミングだったのではないかと。。

カラーは過去に発売したカラーを含めての、全6色。。

とりわけYCカラーは初期発売時にラインナップしてたカラーで、確か?それ以来久々の発売になるかと思います。。やっぱり懐かしいし、思い入れのあるカラーと言っていいでしょうね~(^。^)y-.。o○。。

2017114hitori_3

今でも、お店の壁には初期発売カラーのキール・ヘッドが天井近くの壁に展示陳列してあります。。(↓写真の左から3番目のルアーが初期モデルのYCカラー。)

2017114hitori_2

あと、CCカラーはBPベイトのフェースブックページのヘッダー画像にもしてるカラーでして、、何気に自分のお気に入りカラーだったりします。。実はコレ、前回はサイレント仕様での発売カラーでしたから、オリジナルのラトルイン仕様での発売は初になります。

首振り&スライドアクションがし易く、かつすり抜け性能に優れた、とても使い易いペンシルベイトですから、まだ持ってないってヒトはこの機会に是非お一つご検討ください。。

持ってて安心!どんなフィールドでも使える頼りになるペンシルベイトですからね~(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

残念なお知らせ。。。

今日はちょっと残念なお話をしなきゃいけません。。

実は昨年末、BPベイトの発泡製ルアーの成型をしてる工場が突如破産してしまいまして、現状発泡製ルアーを生産する術がなくなってしまいました。。。正直、寝耳に水状態でどう対処していいのやら、、次の生産拠点を探すにしろかなりの時間を要するのは間違いないでしょう。。

つまり、分かり易く言うと、、しばらくの間BPベイトの発泡製のルアーは生産できなくなってしまします。。ザッパー、ロングザッパー、ヒッター、スゥィーパー、キールポップ、、等々、挙げたらキリがないほど多くのアイテムを発泡製ルアーでやってきた訳で、それ等のルアーがしばらくの間は作れないと言うのは辛いですね~(-。-)y-゜゜゜

更に、2017シーズンの新作ルアーとして話を進めていたアイテムもあった訳で、それ等のNEWアイテムの発売も見通しが立たなくなってしまいました。。

具体的には↓スゥィーパーの進化形「羽スゥィーパー(仮名)」も新しいパドル型ウィングを試作したりして、完成形までもうちょいのところまで来てたのですが、これも必然的に断念せざるを得ないでしょう。。。

2017109hitori

更にコチラ↓去年のフィッシングショーの時に最初のプロトを作ってテストをしてきた「ファット・ザッパー」も昨年のうちに試作型まで起こして、最終調整するのを待つだけだったのに、頓挫。。。

2017109hitori1

コレに関しては、昨年11月のレスイズモア光記ちゃんとの釣行の際に、かなり良い感触を掴んでいただけに残念で、残念で。。。

2017109hitori3

更に更に、、実は今季久々にゼニスの進化形ルアーとなる「ダーティング・ゼニス(仮名)」と言う、今は亡きPTファクトリー高井君の遺作を元にカタチにするつもりだった新作ルアーも発売する計画だったんですが、、コレはもっと運の悪い事に、ベースになる「ゼニス」・「マスキー・ゼニス」の型そのものが回収できず、新作どころか「ゼニス」・「マスキー・ゼニス」も二度と生産できなくなってしまいました。。コレは辛い(>_<)。。。

まあ、ホント世の中色々ありますが、、まさかこのタイミングでそんな事態になるとは夢にも思ってませんでした。。

もちろん、並行して進めてきたウッド製ルアーに関しては何ら影響はありませんので、今季に関してはウッド製ルアーオンリーで商品開発を進めていくしかないでしょう。。。ただ、2月上旬にさし迫ってる大阪フィッシングショーとか名古屋キープキャストとかには、残念ながら十分なカタチで参加できないかもしれませんね~。。

そんな感じで、、2017シーズンは予想外のスタートを強いられております。。。

BPベイトユーザーの皆さんには、定番ルアーの新色リリースなどが出来なくなってしまう為少々ご迷惑をお掛けする事になってしまうかもしれませんが、コレはちょっと我慢してくださいm(__)m。。

とにかく、一日も早く発泡製ルアーも生産できる体制を取り戻したいと思います。。

BPトップページ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧