新商品情報

2017年3月19日 (日)

もうしばらくお待ちください。。

全国的に暖かい三連休とあって、SNSとか見てると初バス釣果報告がたくさん上がって来てますよね~(^。^)y-.。o○。。まだ朝夕とかは寒いけど、今日の日中位まで気温が上がればポカポカ絶好のコンディションの中で釣りを楽しむことが出来るでしょう。。。

そんな本格シーズンを前にして、ロッドやグリップなどの定番アイテムに関する問い合わせも日に日に増えてきました。。春ですな~(*^^*)。。。

先ずロッドに関しては、既に1月26日のブログでもお話しをしました通り、今季はド定番のBPロッドS-3は生産できません。けど、その代わりにS-3と同じソリッドブランクを使用した別仕様のロッド「BPロッドS-3 Guide」を発売する事になってまして、そちらはいよいよ4月には出来上がってきます。。

2017319hitori2_2

はやる気持ちも分かりますが、もうしばらくお待ちください。。

そしてこのS-3 Guideのカラー展開を見れば分かる通り、2016シーズンに発売したチコ・ロングと全く同じカラーリングになってますから、こんな感じで↓チコタックルとセットでお揃いカラーにする事も出来ます。。お値段的にも、税込み2万円でお釣りがくる買いやすい価格帯ですからね~。

2017319hitori1

自分はグレーで渋くまとめてみましたが、ラスタやライムだとガラッとタックルの雰囲気も変わりますから、、そこは個人個人の趣味がハッキリと出るところになるでしょう。。

あと、、お正月セールの辺りから欠品となっているBPグリップ・セミクランク(コルク)も、やはり4月になったら出来上がってくる予定となっております。。

2017319hitori3

なんと言っても、華奢で小型のダイレクトリールなどには唯一無二のグリップだと思いますので、BPベイトの定番アイテムとしては外せないラインナップとなってます。

ちなみに今年は、E-No.プロダクツさんのフィッシュテールグリップ付きのバージョンも用意する予定なので、そちらもお楽しみに(^。^)y-.。o○。。。

何しろ、もうちょっとしたら定番アイテムも一通り揃いますので、もうしばらくお待ちくださいm(__)m。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

J.D.スイッシャー発売カラー決定。。

スケジュールがかなり押しててギリギリで進行してる、今月末に発売予定の新作「J.D.スイッシャー」の発売カラーがやっと決まりました。。

コチラ↓立ち浮きタイプ3色、UBタイプ3色の、合わせて全6色。。。

2017318hitori_1

最後の最後までいろいろ悩みましたが、先日の青芳さんとの釣行でガッツリ使い込んで、このセッティングで決定となりました。

2017318hitori_2

写真手前の立ち浮きタイプはリアにサマディーウェイトを配し、ベリーに2本ダブルフック、テールにはキールブレードが装着されております。斜め浮きのタイプも試しましたが、このルアーのアクションが特徴的にしっかり出るのは立ち浮きタイプで、フロントペラで水面をペシペシ叩きながら連続アクションを入れるとコレが実に釣れそうな動きをしてくれるんですよね~。。立ち浮き系のスイッシャーって少ないですし、もちろんBPベイトの既存アイテムの中にもそういった類のルアーはありませんから、新しいオプションになる事間違いなしでしょう(^。^)y-.。o○。。とにかく、かなりネチネチ出来るダブルスイッシャーだとイメージして頂ければと思います。。。

2017318hitori_3

写真奥のUB(アンダーブレード)タイプは、既存アイテムのロンザパUBを更にロングに、またスリムにした感じでして、そのアピール効果は疑う余地なし。。今回はペラサイズを敢えて小さめの△穴丸小ペラにして、代わりにブレードサイズを大きめのサイズにしバランスを取ってみました。それにより、アンダーブレードのコツコツ音がより大きくなり、ストレートリトリーブのただ引きで一層アピール力がアップした感じとお考え下さい。。

両タイプ共に、首振りアクションは苦手ですが、全てのルアーが首振りすれば良いってもんでもないですからね~。。その辺、最初はちょっと抵抗感があるかもしれませんが、使ってみるとハマること間違いなし。個人的には、とりわけ立ち浮きタイプの方のハイシーズンの釣果に大きな期待を寄せてます。。。

尚、販売店さんへの案内はまだ出来ておりませんが、一両日中には準備し手配する予定となっておりますので、いち早く確実にこのルアーを手にしたい人は最寄りのひいきにしている販売店さんでご予約くださいm(__)m。。

あと、、、

今日も予約受付開始アイテムを一点ご紹介。。

コチラ↓ブライトリバーからフレディー・ステージ2が発売となります。

2017318hitori

今月末に発売予定となっておりますので、コチラも合わせてご検討ください。。

問い合わせ・ご予約はbasspond@director.email.ne.jpまで。

もしくはTEL:03-3711-5035

通販は代引きで、税抜きお買い上げ1万円以上で送料・代引き手数料サービス。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

名前はJ.D.スイッシャーで決定。。

いよいよ今月の末に発売となる新作ダブルスイッシャー。。

これまで仮名として使っていた「J.D.スイッシャー」で正式決定しました。

なんでしょう、、ずっとそう呼んでると、だんだん慣れて来て、それ以外の名前が思いつかなくなってきちゃうんですよね~(^。^)y-.。o○。。。

と言う事で、J.D.スイッシャーでヨロスクです。。。

2017311hitori_1

このルアーも前回の2月28日の釣行でほぼ大筋は決まりましたが、、未だに細かな部分では決めかねていることがあって、来週のガウラ青芳さんとの釣行で最終的に結論を出す予定です。。

アンダーブレードタイプの方は△穴丸小ペラと組み合わせ、UBリグにはコロラドブレードを装着することに決定しましたので、あとは御覧の通り↓最後にベストなブレードサイズを探るのみです。。。

2017311hitori_2

ノーマルタイプの方は、テールにキールブレードを配した2フック仕様にする事は決定したのですが、テールにサマディーウェイトを仕込んで立ち浮き気味にするか?ウェイト無しの水平浮きにするか??どっちにしようかで悩んでます。。

2017311hitori_3

けど、このサマディーウェイトを仕込んでる方は面白いんですけど、ほんの1~2グラムの差で浮き姿勢が全然変わってきてしまうんですよね~。。それが量産した際には個体のバラツキとなる訳で、コレが許容範囲として受け入れられるモノなのかどうか??浮き姿勢の違う個体を敢えて使い比べて答えを出したいと考えております。浮き姿勢によって使い方も変わってきますし、ある意味使い分けられればいいんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょう(^。^)y-.。o○。。。

そしてもちろん、最終的に景気づけの1本が釣れれば最高なんですけどね~( ̄▽ ̄)。。

どうなる事やら、、お楽しみに!!

<<追記>>

既に通常時間営業を再開しておりますが、日曜日は午後9時までの短縮時間営業となります。。お間違いのないようによろしくお願いします。。。(→釣行前の月曜日も同じく短縮時間営業となります。。)

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

ルアーマンの為のタナゴ竿。。

とうとう製品版が出来上がってきました。。

コチラ↓BP並継タナゴ竿2尺4本継(18000円)

2017213hitori_1

既に2年ほど前から川口和竿の竿昭さんに「和ラスタタナゴ竿」は作って頂いておりましたが、今回はそのテイストをほぼそのまま生かしグラス製の並継タナゴ竿をカタチにしました。

この2尺と言う長さのBP並継タナゴ竿は全国的なフィールド事情からすると少々短め部類の短竿になるかと思いますが、関東の、とりわけ水郷一帯のタナゴ釣りをするにはまさにベストな長さなのではないかと思います。小さなホソで、えんこしてオカメタナゴの数釣りに興じるのであれば、最も使用する機会が多いレングスになるのではないでしょうか。。

2017213hitori_2

いわゆる量産品の振り出しカーボン竿と比べると3~4倍の価格設定にはなってしまいますが、ルアーマンが持つべきタナゴ竿として作りましたから、色々とこだわりが詰まっておりますからね~(^。^)y-.。o○。。仕舞寸法も20cmととてもコンパクトですし、皆さんのタックルボックスの片隅に常に常備して頂き、陽が昇ってトップの釣りが厳しくなった時にはサクッと竿を取り出して、タナゴ(小物)釣りを楽しんでもらえればいいかな~と。。。

2017213hitori_3

そして、ルアーマンが持つべきタナゴ竿としての演出の一つとして、オリジナルのアルミケースも用意しました。。

2017213hitori_4

このケースはsotipさんに作って頂いた手作りのアルミケースでして、キャップ部分はゴムでつってる状態になっており、キャップを紛失する心配はありません。。また、中に延びる2本のゴムに秘密があります。それは何かというと、竿を袋に詰めずバラで入れたとしても、キャップ部分を半捻りから一捻りすると中のロッドブランクにゴムが絡みつきケース内で竿が暴れる事を抑えるという効果があるのです。。スバラシイ(*^▽^*)。。。

まあ、正直この竿はどれ程のニーズがあるのか?分かりませんが、今回生産したのは30本のみとなっておりますので、欲しい人はお早めに(^。^)y-.。o○。。

ウェブショップはコチラからどうぞm(__)m。。

と言う事で、、、

明日の休みは、このBP並継タナゴ竿を持って今季初釣りに出掛けてきます。。

もちろん、ルアー竿も持って行って、プロトルアーのテストもする予定ですけどね~(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

フローティングバズ。。

立て続けのアップになりますが、コチラもギリギリ間に合いました。。

以前ブログで紹介した際には最も注目度の高かった↓フローティングバズです。。

2017129hitori_1

ネームは他にもいろいろ考えたんですけど、名は体を表すって事で、ベタな「フローティングバズ」に決定。。。まさにその名の通り、浮くバズベイトで、これまでのバズ系ルアーとは一味違うアクションを実現する事が出来ます。バズパーツ自体に浮力があるので、なんでしょう、、ジョイント系ルアーの様な軟らかいアクションを演出する事が可能になります。

ちなみにワイヤーパーツが間に合わず、手曲げのやっつけ仕事になってしまってますが、まあ大まかにはこんな感じで作る事になるでしょう。。また、最初に作った時よりバズペラのアルミ素材の厚さを薄くして、フロントのバズパーツ全体の浮力を高めております。。。

2017129hitori_3

あと、分かりずらいですが、バズパーツは2種類あって、左右対称にスムーズに回るタイプと、軸を外して多少ブレが出るタイプを用意する予定です。。

尚、今回紹介してる5色は魚矢スペシャルカラー定番の魚カラーで、レギュラーカラーでは全く違ったカラー展開の物を発売する予定です。。

発売は5月以降の予定です。。。

お楽しみに(^。^)y-.。o○。。

もちろんコチラもフィッシングショー大阪でご覧いただく事が出来ます。

BPトップページ

| | コメント (0)

ムサコ。。

今日もバタバタと2017新作をご紹介します。

12月4日のブログで紹介した↓クリークチャブ「サーフェス・ディンバット」イメージからの、エキスパートボディーをベースにカタチにした、取り替え可能なラバースカートで誘うすり抜け系ルアーの名前は、、ムサコ“MUSAKO”で決定!!

2017129hitori_2

エキスパートボディーのフロント部分を削って縦長カップ形状にシェイピングした、ポッパーテイストの首振りが得意なルアーで、エキスパートよりちょっと軽い24~25グラムの7/8オンスクラス。

2017129hitori_4

ラバーパーツは色々あれど、経年劣化で気が付くとグズグズになってることが多いので、いわゆる一般的なラバースカートを簡単に交換装着出来る様な仕組みとなってます。コレなら市販品のラバースカートを購入し、ユーザー自身が簡単に交換作業が出来るのではないかと。。

2017129hitori_5

最終的には、まだラバースカートの種類(長さ・質)などを精査する必要があるかと思いますが、とりあえずこういったカタチになりました。。

今回のウオヤカラーは、ストームライクなのスケールカラーでまとめてみましたが、フワフワとラバーで誘うフロッグを意識したルアーと言ってもいいでしょうか。。なので、レギュラーカラーではそんなテイストのカラーリングも発売しようかと考えております。。

コチラもフィッシングショー大阪に持って行きますので、ご来場の際にはご覧いただく事が出来ます。

以上、ザッと急ぎでご紹介させて頂きましたが、また後日落ち着いてから動画なども交えて詳しく説明させて頂きますm(__)m。。。

BPトップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

BP並継タナゴ竿。。

かねてから話題にしてました、グラス製BP並継タナゴ竿の最終サンプルフルセットがまとまりました。。

コチラ↓ルアーマンが持つべき拘りのタナゴ竿と言っていいでしょう。。

2017130tanago

和竿のテイストをそのままにグラスロッドで表現し、それに合わせてルアーマンの魂を込めてアルミケースも作ってみました。。結果的に、BP和竿とほぼ同じ価格帯になってしまいましたが、扱い方を気にしなければいけない和竿と比べて多少ラフに使っても大丈夫ですし、タックルボックスの片隅にでも常時入れておいて、気が向いたらタナゴ釣り(小物釣り)をするようなスタイルにはピッタリのロッドになると思います。

ただ、全長2尺と言う超短竿の部類になりますから、全国的に見るとちょっと物足りない長さになってしまうかもしれませんが、関東のとりわけ水郷エリアであればこの長さでも十分に楽しめるポイントがありますから、問題ありません。。って言うか、むしろこの超短竿で楽しむ近距離戦のタナゴ釣りが自分は一番大好きなんですよね~(^。^)y-.。o○。。

各メーカーさんから発売されている比較的安い量産振り出しタナゴ竿もいいですが、道具にこだわるトップウォーターアングラーならコレくらいの竿を持っててもいいんじゃないでしょうか。。。

発売は2月の前半になりますが、来週から始まるフィッシングショー大阪にもサンプルを持って行きますので、ご興味がある人は手に取ってご覧いただけます。。

また、2月18日から始まる名古屋キープキャストの時には既に製品が出来上がってると思いますので会場にて販売もさせて頂く予定です。

今年はまだタナゴ釣りにも行けてませんが、フィールドの気の早いタナゴ達は既に婚姻色も出始めているみたいですから、フィッシングショー大阪が終わったらこの竿持って釣りに行きたいですね~(^。^)y-.。o○。。

皆さんも、今年は是非タナゴ釣り始めてみてください!!

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

名前はダンカーで決まり。。

はい。今日も2017新作の紹介です。。

以前、ブログでもプロトルアーを紹介した事もありましたが、その後大きな変更点もなくサクッとベストが出たルアー↓ダンカー“Dunker”です。。。実はこうやって、安産で誕生したルアーって何故か釣れるルアーだったりするんですよね~。。

2017127hitori_1

写真の5色は再来週から始まるフィッシングショー大阪に向けて用意した魚矢スペシャルカラーの5色で、もちろん前後してレギュラーカラーも発売する予定です。

さて、ダンカーと言うネームはどこから来たものか?感の良い人はもちろん分かりますよね~(^。^)y-.。o○。。そう!オールドルアーの中でも自分が愛してやまないクリークチャブの「ポップンダンク」にインスパイアーされ生まれたルアーだからでして、、ザッパーやフッカーやヒッターやチョッカーなどでお馴染みのネーミングパターンで考えて、今回はダンカー“Dunker”となった訳です。。

2017127hitori_4

クリークチャブの「ポップンダンク」は本当にいいルアーなんですが、重量が15グラム前後と少々軽く、とりわけダイレクトタックルだとイマイチ気持ちよくキャストできない重量感なんです。そこで、自分にとって都合の良いサイズ感に置き換えて21~22グラムの3/4オンスクラスでカタチにした訳です。。大きすぎず小さすぎず気持ちよくキャストできるサイズ感。コレ個人的にはとても重要です。。

尚、今回の魚矢スペシャルカラーは、ナチュラルベースのクラックルスポット系のカラーを全5色揃えてみました。。御覧の通り↓お腹側はクリアーで木目が見えるナチュラル塗装となっております。

2017127hitori_2

フロント部分のアップは↓こんな感じです。。

2017127hitori_3

時にはポッパー的に、時にはダーター的に、更に時にはライブリー的に、、大きく3つのアクションを組み合わせて演出できる多芸なルアーで、しかもそれが簡単にアクション出来るんです(^。^)y-.。o○。。強くも弱くもスピーディーにも扱えるし、いろんな場面で活躍してくれるルアーになるのではないでしょうか。。。

ちなみに、コチラの新作ルアー「ダンカー」はゴールデンウィーク前の4月末に発売予定となっております。お楽しみに(^O^)/。。。

さてさて、、、

話変わってコチラ↓今年もスミスさんのカタログが届きました。

2017127hitori

ウェブショップでお買い物のついでに送ってほしい!ってヒトは、備考欄にでも「スミスカタログ希望!」と明記頂ければ一緒にお送りします。。

BPトップページ

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

2017NEW BPロッドS-3 Guide。。

BPロッドの超定番アイテムBPロッドS-3に新たな仲間が新登場。。

ソリッドグラスロッドのエントリーモデルとしてもオススメのNEWアイテム↓BPロッドS-3 Guide(17800円)です。。

2017126hitori

写真を見てすぐにピンと来た人も居るでしょう。。そう、チコロッドやチコロングでも採用したオリジナルのバットインフェルール仕様となり、ガイドはハードガイドが装着されたチョイ廉価版のS-3と言う事になります。。

2017126hitori_3

業界情報通のヒトはご存知かもしれませんが、実は多くのロッドをOEM生産してる天龍さんが設備入れ替えの為2017シーズンはロッドを生産しないと言う事になって、となるとずっと定番で生産し続けてきたS-3が生産できないじゃないか、、、って事で、だったらこの機会に別バージョンのS-3を作っちゃおう!となった訳です。。。

ガイドが違う為、ほんとチョットだけ調子は変わりますが、ほぼS-3そのまんまですから、オススメの定番ソリッドグラスロッドである事は間違いありませんからね~(^。^)y-.。o○。。

2017126hitori_2

普段S-3に装着しているSicガイドと比べ、ハードガイドはガイド重量が重い分その重さにブランクが引っ張られて僅かにダルさが出る感じと言ったらいいでしょうか。。もちろん好き嫌いはありますが、こっちの方が好みだ!って人も居るんじゃないかと思います。。

あと、この↓オリジナルバットインフェールールですが、従来のS-3などに使ってる一般的なフェールールより間違いなく強い構造となります。。一般的なフェールールは長年ハードに使用し続けると金属疲労により根元で折れてしまう事がありますが、このソリッドグラスとバットインフェールールの組み合わせは最強でして、どんだけハードに使っても折れる心配はないでしょう(^_-)-☆。。

2017126hitori_5

つまり、エントリーモデルにして最強のロッドが出来上がったと言う事になります。。

また、これまでにも時折このバットインフェールールはどんなグリップにも装着可能なんでしょうか?と言った問い合わせを頂きましたが、もちろん大丈夫!!御覧の通り↓グリップの上にかすかに金属部分が見える様な感じになり、それがワンポイントとなってむしろスッキリとしたグリップ周りを演出できます。。

2017126hitori_4

コレにより、よりスマートな感じでタックルが組めるのではないでしょうか。。。

発売は、ゴールデンウィーク前後のタイミングになるかと思いますが、フィッシングショー大阪や名古屋キープキャストにはサンプルを持ち込んで展示しますのでご興味ある人はぜひ手に取って実感して頂ければと思います。。

BPトップページ

| | コメント (0)

グラマラスボウ・アナアキG。。

近々、ティートの人気ロッド「グラマラスボウ・アナアキG」が発売になります。

商材写真が用意されておりませんが、イラストではこんな感じ。。

Glamorousbou_ana_g2017

分かりずらいですが、これまでのモデルからの仕様変更はなく、カラー変更のみとなります。

富士オーシャントップ及びKガイドで総ガイド数10ヶ!
(トップより6.6.6.6.6.6.6.7.8.10とガイド径を2番手落としました。)
赤茶色地にNCP赤茶色スレッド、一粒300メートルのグ◯コ風!
sus製オリジナルANARCHYフェルール使用

出荷予定 近日
定価 50.000円(税込み54,000円)
オマケで竿袋が付くとのことです。。

既に、今回生産分の注文数完売したとの事で、もちろんウチのお店も注文入れましたがどれ程の本数が最終的に入荷するかは今のところ分かりません。。

そういった状況で、確実に対応できるか分かりませんが、それでも大丈夫!ってヒトはご注文頂ければと思います。。。

問い合わせ・ご予約はbasspond@director.email.ne.jpまで。

もしくはTEL:03-3711-5035

通販は代引きで、税抜きお買い上げ1万円以上で送料・代引き手数料サービス。

話変わって、、、

BPベイトの今月のアイテム「キール・ヘッド」2017新色の販売店さんからの注文締め切りが明日に迫っております。。

2017114hitori_1

今回も十分にメーカー在庫を持てる量を生産しますが、いち早く最寄りの販売店さんでご希望のカラーを手に入れたいってヒトは、ごひいきの販売店さんでご予約よろしくお願いします(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧