« 大阪フィッシングショー。。 | トップページ | エキスパートUB。。。 »

2015年1月11日 (日)

タナゴ在庫増殖中。。

年末年始のバタバタがひと段落したところで、そろそろ初釣りに行こうかと考えているところですが、、今度はフィッシングショー絡みの準備で既に焦り始めている今日この頃。。。

今年は東京から大阪、そして名古屋キープキャストへと前倒しでスケジュール進行する為、2月いっぱいはなかなか余裕がなさそうです。。

となると、バス釣りはそれ等がひと段落した3月以降に腰を据えて行くとして、、その前にちょっと時間がある時にでもタナゴ釣りには行こうかと考えております。まあ、タナゴ釣りなら昼の暖かい2~3時間で結果が出せますしね~。

そんなタイミングで、タナゴ関連のアイテムが各種入荷し在庫も更に充実してきております。タナゴ釣りを始めて丸2年。今年で3年目。。お店のタナゴ釣り道具コーナーもなかなかいい感じになってきました。

2015111hitori1 2015111hitori2

そりゃバス釣りの在庫と比べれば微々たるものですが、まあ、タナゴ釣りを始めるにあたって必要十分の物はほぼ揃っていると思います。

世の中的にもタナゴ釣りはちょっとしたブームになりつつあるようで、新しい竿も続々とリリースされ、選択肢も広がってきております。。

2015111hitori3

昨日今日で新着入荷にもアップした「雪月風花」「孤竹タナゴ」は今までなかった、的を得たラインナップを用意してると思います。。

先ず、雪月風花は全アイテム仕舞寸法18センチの超小継タナゴ竿で、コレによりタナゴ釣り道具一式をよりコンパクトにまとめる事が出来るようになるでしょう。もちろん自分も、ミニミニセットを用意する予定です。。そしてコレをパックロッドトートに忍ばせて、いつでもバス&タナゴ釣りができる用意をしておこうとたくらんでます。

そして、自分がもっとも注目してるのは孤竹タナゴの2尺(60センチ)モデルです。

Kochiku

これまで振り出しのカーボンたなご竿で最短だったのがダイワの「ひなた(2.4尺)」だったのですが、それよりもさらに短い超短竿。この長さ、実は和竿の世界では当たり前に作られてはいますが、量産のカーボン竿では存在しなかったのが不思議な位で、とりわけ関東フィールドでは極めて使用頻度の高い長さなんです。。ドッグやホソなどの小場所で、豆バラを釣るには間違いなく必須のアイテムになるのではないでしょうか。。

釣り場での竿選びは、手持ちの竿の中から出来る限り短い竿を選んで対処するのが基本です。その方が手返しも良くなるし、よりクイックに合わせもできますからね~(^。^)y-.。o○。。

そんな今が旬のタナゴ釣り、、皆さんも始めてみてはいかがでしょう。。。楽しいですよ~(*^。^*)。。

以上、今日は久々のタナゴ話でした。

BPトップページ

|

« 大阪フィッシングショー。。 | トップページ | エキスパートUB。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

タナゴ釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪フィッシングショー。。 | トップページ | エキスパートUB。。。 »