« Trapen“トラペン”に決定!! | トップページ | 検証!NEWカルカッタ100。。 »

2012年7月21日 (土)

カヤックが発する音について。。

あくまで個人的な持論ですが、、今日はカヤックが発する音に関してのお話をしようと思います。

ジョンボートなんかに乗ってると分かりやすい、水面の小波が船底を叩く音。コレはもちろんカヤックでも少なからず発してる訳です。。ポコポコポコっと気にして耳をすませば分かるでしょう。言ってしまえばこの音は一種の異音であり、釣りをするうえでは無いに越したことはないのです。。。

そういった意味でも、最も無音に近い状態で釣りができるのはやはりインフレータブルカヤックになります。カヤックの表面の素材が柔らかい訳ですから、そりゃ間違いないですわな~。また、パドルや釣り竿などとカヤックボディーが干渉しても、コトコトカタカタと分かり易い音も出ません。そういった意味でも最もステルス性能が高いのは言うまでもありません。実際に、過去の釣りを振り返ってみるとやはり自分の場合一番釣ってるのはBPカヤック、そうインフレータブルカヤックの様な気がします。。

2012721hitori1

まあ、最初は単なる思い込みかと思ってました。しかしです。。先月の淀川取材釣行でBL松本さんと釣りをしてある意味それは確信に変わりました。。

キッカケは松本さんに対する一つの質問からでした。。「松本さん、、今年はどうしてターポン100なの?ターポンのウルトラライトにどうして乗らないの?あっちの方が軽くて楽じゃん??」。そんな質問に対する答えは自分の思い込みを確信に変えるものでした。。「いや~、ターポン100の方が釣れる気がするんやわ~。。」「波が当たる音が全然違うんですわ。。」「ウルトラライトは素材が硬い分パタパタ高い音が出るんやわ。。」「だからそれが気になってターポン100に戻したら釣れる様になった気がする。。」と。。

やっぱ同じことを考えてる人が居たんですね~。。しかもこんな身近に。

2012721hitori2

ルアーに例えるなら、クリアーボディーとボーンボディーの違いと一緒。同じラトル入りでも、クリアのそれと比べて素材の硬いボーンの音は明らかに甲高い音になります。ターポンのウルトラライトはその名の通り軽量ボディーが特徴なのですが、通常のカヤックと比べて硬質なボディー素材を使用してるので、小波との干渉音がより甲高い音を発すると考えられます。まあ、実際に両方使用してる松本さんが言うんだから間違いないでしょう。。

2012721hitori3

そういった意味でも、今一度インフレータブルカヤックに注目してもらいたいですね~。「インフレータブルカヤック=ポリ艇を買えないヒトの選択肢」。。コレで片付けてしまうのはもったいないと思います。確かに膨らますのは面倒かもしれませんが慣れれば5分で終わりますし、家を出発するところから帰ってくるまで積み下ろしなどトータルで考えると、コレが意外とインフレータブルカヤックの方が楽ちんなんです。もちろん膨らます物ですからチューブに穴があいたりするリスクもありますが、上手く付き合っていけば長い間使用できます。

ちなみに、お店にはエアフレームワンHP1ともに在庫がありますのでいつでもご購入いただけます。。興味がある人は是非。。。

BPトップページ

|

« Trapen“トラペン”に決定!! | トップページ | 検証!NEWカルカッタ100。。 »

カヤック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011975/46407366

この記事へのトラックバック一覧です: カヤックが発する音について。。:

« Trapen“トラペン”に決定!! | トップページ | 検証!NEWカルカッタ100。。 »