« 2012名古屋バスフェスタ。。 | トップページ | 今日は・・・。 »

2012年2月12日 (日)

Bic インフレータブルカヤック。。

ちょっと前にBL松本さんもブログで紹介していたBicのインフレータブルカヤック。。本日、ウチにもセールスの方が来てくれました。。

まず、Bicというと一般的にはボールペンとかライターで有名な、あのフランスの会社です。そんなビック社では、既に十数年以上前からカヤックの生産をしております。カヤックなどアウトドアアクティビティーと言うとどうしてもアメリカのイメージが強いのは間違いないですが、ヨーロッパでも同じ様な流れは脈々と続いてるみたいですね~。。ただ、日本においてはBicのカヤックはこれまでまともに紹介されておらず、目にする機会も少なかった事でしょう。

そんなBicのカヤックで自分が注目した艇はコチラ↓ハイプレッシャーモデルの“ヤックエアーHP1”(95000円)です。

2012212hitori_1

一見する限りでは今までお勧めしてきたエアフレームワンなどとの違いは分かりませんが、フロアから下の構造が大きく異なります。そもそもBicが得意ジャンルとしてるSUP(パドルボード)やカイト(凧)で培った技術を生かし、ハイプレッシャー仕様のフロアチャンバーを有するモデルなのです。

2012212hitori_2 2012212hitori_3

なんて言ったらいいんでしょう。。フロアチャンバー(床部分)の剛性が高く、インフレータブルカヤック独特のフニャフニャした感じが解消される仕組みと言ったらいいでしょうか。。。写真↑のスタンダップパドルボードは、構造は基本的に違いますがいわゆるインフレータブル式で、その上に立てる程の剛性をしっかりと出しているのです。そんなノウハウをインフレータブルカヤックのフロアチャンバーに導入している訳です。英語でちょっと分かりずらいですが、下図の赤く塗ってあるシート部分にそのHP構造が採りいれられているんです。

2012212hitori_4

まあ、現段階では自分も現物に乗った訳ではないので大きな事は言えませんが、、従来のインフレータブルカヤックにはない「カチッ。。」っとした乗り心地になるのではないでしょうか。。更に②のポール状になったHP構造が、艇のキール形状を作り出すという仕組みたいですから、直進安定性にもプラス効果が見込まれます。。

ちなみに、近日中には試乗艇を送って頂くことになるかと思いますので実際に自分で乗ってみて、、ちゃんとしたインプレッション報告が出来ればと考えております。。お楽しみにm(__)m。

PS) エモーションカヤックの今季一発目の入荷は3月の末頃となりそうです。。また、モンベル扱いの艇は既にモデルによっては入荷してる様です。2012年シーズンからカヤックを始めてみようと言う人は、早め早めの検討をよろしくお願いします。なにせシーズンに入ってしまうと、人気機種や人気カラーとかの在庫はどうしても薄くなってしまうのが現実です。。とにかく気になる事などありましたら遠慮なくご連絡ください。

問い合わせ・ご注文はbasspond@director.email.ne.jpまで。

もしくはTEL:03-3711-5035

BPトップページ

|

« 2012名古屋バスフェスタ。。 | トップページ | 今日は・・・。 »

カヤック」カテゴリの記事

コメント

今年は益々カヤック人口増えそうですね♪
そうだ…例の品を3月に入ってから受け取り行きます(≧∇≦)

投稿: 小鹿 | 2012年2月14日 (火) 13時51分

↑↑がってん承知しましたm(__)m。。

投稿: BPまつい | 2012年2月14日 (火) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011975/44089877

この記事へのトラックバック一覧です: Bic インフレータブルカヤック。。:

« 2012名古屋バスフェスタ。。 | トップページ | 今日は・・・。 »