DP1

2010年4月19日 (月)

久々登場!DP1。。

かなり久々にDP1カテゴリーでのブログアップです。もちろんずっと使って居なかったわけではなく、ちょい撮りではそこそこ活躍してました。コンパクトなボディーにもかかわらず、時には一眼レフをも凌ぐような写真が撮れる類稀なカメラである事には間違いないですから。。。

ちなみに今日の写真は、再び訪れた小貝川福岡堰の写真。。すっかりサクラの花は散っていると思いきや、葉桜の状態でした。前回訪れた時から10日間も経っているのに、その間の強烈な冷え込みもあってか、どうにかサクラの花も残っていました。こんな↓かんじです。。

2010419blog_1

今回の写真は全てRAWデータX3F現像そのままの写真ですが、、やっぱいつ見てもDP1の写真は精細でとても質感の分かり易い写りだと思います。開放F4ですからボケ味のある写真はちょっと無理ですが、使いようによっては凄く便利なカメラだと再認識できました。

初代DP1独特のこの↓光源に発生する盛大な赤いフレア?ゴースト??も、DP1sでは解消されているみたいですし、鈍すぎた動作もかなり解消されているみたいですから一般的な人にもオススメできるようになったのではないでしょうか。。

2010419blog_2

これなんかも↓本当ならフルサイズ等倍で見てもらいたいですね。(→クリックしてもフルサイズではないですが、ちょっと大きく表示されます。)

2010419blog

遠くの小さなサクラの花まで結構しっかりと写ってます。コンパクトカメラのAPS-Cサイズ機もライカからX1が発売されましたが、、さすがにコレは↓高くって買えませんから、まだまだしばらくの間はDP1にも頑張ってもらわないといけませんな~。。。

001_s

シグマDP1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

DP1でパドラーズビュー写真。。

自分の身の回りではカメラ熱が高まっている昨今ではありますが、、それに反して自分はと言うと倦怠期って訳でもないけど、平熱を保っているって感じでしょうか。。釣りに行く時も、ついつい手軽なコンパクトカメラに手が伸びてしまいます。ましてやカヤックでの釣行ともなると、なおさらです。。

って事で今回の相模湖釣行に持ち出したのはハイエンドコンパクト機のDP1。一眼のような深みのある絵は生み出せませんが、精細な表現をするのは大得意です。。もしかしたら一眼をも凌ぐ精細さかも・・・。

ま、そんなDP1の特徴をフルに生かした写真ではないですが2008年に引き続き菖蒲の花を↓撮ってきました。(単独釣行なので人が写っていない味気ない写真ですが。)

2009604blog1

けど既に菖蒲の花は最盛期を過ぎ、咲いてる花はまばらでした。。去年の5月21日のブログにアップした写真の方がベストタイミングだった様ですね。今年はちょっと遅かったかな・・・。

しかし、一旦釣りの手を止め、、タバコに火をつけ一服しつつ写真を撮るという動作は釣りにもプラスに働くようです。入れ込みすぎるといい事ないですからね~。。事実、この写真を撮ったすぐ後に一本目のバスをキャッチする事が出きました。何事も余裕が大切なんですな~。。

こんどの火曜日は長野へプチ遠征釣行の予定。デジイチを持っていって、綺麗な景色をしっかりと撮ってこようと思います。

シグマDP1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

ご飯の写真。

2009227blog1

たまに外食に行くと、出てきた料理を携帯で写メしている人を良く目にします。それをとやかく言う人も居ますが、コレがなかなか、、綺麗にかつ美味しそうにそれらの料理を撮るのって難しいんですよね~。。まあ、いわゆるテーブルフォトって言うヤツになるんでしょうけど、お店では理想の光の条件である事の方が少ないでしょうから、、まともに撮れる事の方が少ないかもしれませんね。更に今回持っていったカメラのシグマDP1は近接撮影が苦手なので、ありきたりの写真しか撮れませんでした。力不足です・・・。

ちなみに、今日の写真は先日「バスと釣り人。」の取材で訪れた開高健氏のごひいきだったお店の定食です。蝦夷料理ユックのホッケ定食(写真奥)が開高兄のお気に入りだったとか。。。毎日航空便で新鮮な食材が北海道から直送されて来るというだけあって、そのお味は確かな物でした。自分がいただいたのは、本日のオススメだったイカいっぱいの海鮮丼。コレで900円なら大満足でしょう。

詳しくは「バスと釣り人。」3月号でご覧ください。

シグマDP1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

サイクリング with DP1

昨日は、、武蔵小山から神田まで、約15キロ?の道のりをDP1を携えサイクリングして来ました。天気にも恵まれ軽快にペダルを踏みつつ、気になる景色の前では一息つきながらDP1のシャッターを切ります。最初の難関は、国道一号の五反田駅を過ぎて高輪台にかけて続くダラダラと長い坂。。地名にも「台」がついてる通り、これが車じゃ分からないんですけどけっこう高台になっているんですな~。まあしかし、運動不足の自分の脚にはちょうどいい負荷だったのではないでしょうか?いい感じにパンパンになりました。その後裏道に入ったりしながら、こんなところ二度と通らないだろうな~と思いつつ、行き止まりでUターンしつつ、、いっぱい道草して1時間ちょっとで目的地に到着する事ができました。

では、途中で撮った写真をいくつか。。

まず↓皇居内宮内庁病院との位置関係から高層化問題でもめているパレスホテルを望みつつ、モールトンと共に記念撮影。。

20081217blog3

裏道を適当に散策してたら突如目の前に現れた東京タワーの写真と↓鏡張りビル?のガラスに写る見事な青空とビル。。

20081217blog2 20081217blog1_2

まあ、こんな具合に、たいしたもんを撮ってませんが、、こういったスナップショットを撮るにはDP1は格好のカメラだと思います。こういった使い方なら動作が鈍くたって問題なし。。精細かつ確実にデジタルデータを残してくれる安心感があります。

あと、余談ですが、、皇居前の明治生命のビルって↓立派だな~って思いつつ写真撮っていたら、重要文化財指定されていたんですね。。

  • 1934年(昭和9年)3月、3年7ヵ月の歳月をかけて竣工しました。設計は当時の建築学会の重鎮であった東京美術学校(現、東京芸術大学)教授岡田信一郎氏(※)です。古典主義様式の最高傑作として高く評価され、わが国近代洋風建築の発展に寄与した代表的な建造物と言われています。

    • ※建築家・岡田信一郎氏/1883年(明治16年)東京生まれ。東大建築学科卒。大正から昭和初期にかけて、歌舞伎座、ニコライ堂修復、日本銀行小樽支店など、建設当時から話題になった作品を多く手がけた建築家です。

  • 1945年(昭和20年)9月12日から1956年(昭和31年)7月18日までの間、アメリカ極東空軍司令部として接収され、この間、1952年(昭和 27年)まで2階の会議室が連合国軍最高司令官の諮問機関である対日理事会の会場として使用されました。マッカーサー総司令官もこの会場で開催された会議に何回も出席しています。

  • 1997年(平成9年)5月29日、文化財保護審議会の答申によって、昭和の建造物として初めて国の重要文化財に指定されました。

20081217blog4

勉強になりました・・・。

シグマDP1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

シガーイベントへ。。。

ひとり言でも触れていた「Calm Style Exhibition with CIGAR」葉巻がある生活展覧会。。へ、行って来ました。四谷三丁目の駅を降り、歩く事5分、、「こんな都心にも住宅街があるんだ~」と思いつつ会場に到着。洋館を思わせる↓綺麗なギャラリーが会場です。

20081028blog1

日本で唯一のシガー雑誌「ヒュミドール」の編集長であり写真家でもある林由紀夫氏が感じたキューバ原風景写真展の他、いろいろな催しが行われてました。一応了承を得て↓会場の写真をDP1で撮って来ました。

20081028blog2

写真展ではキューバの葉巻ブランド「べガス・ロバイナ」の農園主アレハンドロ・ロバイナ爺をメインに、キューバのタバコ栽培に携わる人々の様子が写し出されていました。このロバイナ爺、、齢90を過ぎて尚一日に数本の葉巻を灰にするという生ける伝説的人物なんです。。その顔に刻まれた深い皺をモノクロで見事に切り取った写真が素敵でした。。

20081028blog3 更に、地下のホールスペースにはバーカウンターが設置され、モヒートやラム酒を飲みつつ葉巻を楽しめます。廉価なラム酒から高価なラム酒まで全て1000円均一。。ちなみに自分はキューバ南東部の都市の名前を冠したラム酒“サンチアゴ・デ・クーバ11年”をストレートでチビチビと舐めながら、会場で買ったポル・ララナガのロブストExclusivo Asia Pacificoを嗜んで来ました。

まあ、イベント初日でキューバ・ハバノスのお偉いさん方が来てて林編集長も忙しそうで、まともにお話できませんでしたが、、機会があったらゆっくりと語らいたいですね。なんとも雰囲気のある方でした。

興味のある人は今月いっぱい開催してますので足を運んでみてはいかがでしょう。会場に入ったとたんにシガーの香りが広がる素敵な空間を満喫できるでしょう。ご近所のヒト?は是非。。もちろん入場は無料です。

http://www.gallerycomplex.com/cigar/←イベントサイト。

シグマDP1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

DP1で野村たばこ店を撮る。。

昨日は月末出荷作業をちゃっちゃと済ませ、夕方から行ってきました、、野村たばこ店。

快く社長の了承を得て、DP1で店内を激写してきました。

2008923nomura

多分?国内最高最大?のウォークインヒュミドール内には所狭しとプレミアムシガーがびっしり。そこに居るだけで、ただそこに居るだけで癒されます。二日間の出荷作業から開放されここに来て良かった・・・。ところで、シガーに詳しくない人の為に一応説明しておきますと、、シガーの保存には温度20度湿度70%と言う絶対的な条件が必要とされ、この部屋は常にその状態に保たれている部屋なのです。個人でシガーを保管するにはスペインシダー(スペイン杉)で出来た小さなヒュミドールを用意する訳ですが、、こういったウォークインヒュミドールは我々にとって一つの憧れですね~。。まあ、無理な話ですが、、TOTOビッグでも当てたらお店の倉庫をウォークインヒュミドールにでもしちゃいましょうかね~。。。

ところで、DP1に関しての話ですが、、フォトキナでDP2が展示されてましたね~。。35mm換算で40mmf2.8の大口径単焦点レンズが装着された次作DP2は更に魅力的なカメラになりそうです。ボケ味のしっかり出せるコンパクトカメラ。。本当に魅力的だと思います。買い換えようか、、いやいや・・・。

2008923nomura2

↓野村たばこ店の灰皿で、まさに灰となったプレミアムシガー達。。皆さんその味わいを惜しむようにギリギリまで吸い尽くしてます。紙巻きたばこと違って、その灰と吸殻からもなんともいえないアロマが漂います。だから野村たばこ店に居るだけでそのアロマが味わえる訳です。

2008923nomura3

また時間が空いたら足を運びたいですね。。

シグマDP1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

近況。。

前回ブログを更新してから、キャンプに行ったり、お仕事の展示会があったり、月末の出荷があったりと、、とにかくバタバタしててブログ更新できませんでした。

いや~、、決して忘れていた訳ではありませんが、どこへ出かけても雨、雨、雨・・・・。カメラは持っていても取り出すまで至らないケースがほとんどで、写真もほとんど撮ってませんでした。しょうがないですな~。。

そんな中、お仕事で行った八丁堀界隈で撮った写真でもご覧いただきましょう。雨の合間の曇り空の下ではありますが、東京駅からも程近い立地にもかかわらず下町風情溢れる景色が撮れました。。

コチラ↓は創業何年になるんでしょう?昔ながらの雰囲気を醸し出してるうなぎ屋さんです。

2008901blog1

ビルが立ち並ぶ中、いわゆる昭和を思わせる一角がそこここに・・・。

2008901blog2 2008901blog3

そして、、その帰りには、最近はまっているパイプタバコ屋さんへ。。

シガー&パイプフリークの総本山?「野村タバコ店」です。↓物欲をそそるパイプが所狭しと並んでます。物好きの自分としては、こりゃタマリマセン・・・。

2008901blog4

パイプタバコの銘柄もご覧の通り↓ずらり。。。自分好みの銘柄探しの旅は、しばらく続きそうです。

2008901blog5

シガー道は危なそうなので、先の楽しみにとっておきます・・・。

シグマDP1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

こりゃもう梅雨明けだね。。。

いや~、、連日暑い日が続いてますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

そんな中、まだ気象庁からは関東地方の梅雨明け宣言がされてませんが、こりゃもう梅雨明けと言っていいでしょう。。明日は一旦台風の影響で崩れるかもしれませんが、その後はきっと晴れる日が続くでしょう。多分・・・。

ワンコ仲間でもありカメラ友達でもある「ぷちパパ」は、今日のブログ記事で見事なヒマワリの写真を写し夏の訪れについて書いてましたが、、自分は、朽ちてゆく紫陽花で同じく夏の訪れを感じました。

2008717blog1

梅雨の終わり、、即ち夏の訪れ。。。

さあ!短い夏を満喫しましょう。

シグマDP1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

黄色ハンティング。

今日からサマージャンボ宝くじ発売ですね~。。

自分は、とりあえず買っておく派です。だって参加しなきゃ権利は発生しませんからね・・・。

そこで、、宝くじを買いに行く道すがらで、黄色いものを写真に収めながら売り場に行く事にしました。

何故に黄色なのか?と言われても困りますが、、今日の気分が黄色だったから、としか言いようがありません。そして、まず目に入ってきたのが↓これ。新しく出来た横断歩道なのでまだ押しボタンの黄色も鮮やかです。(→空き瓶放置されてますが・・・。)

2008714blog1

気にして街中の黄色ってのを探してみてると、やはり注意を引く色として各所で効果的に利用されている事がわかります。とりわけ看板系にはかなりの確率で使用されてますね。。もちろんパルム商店街入り口の看板も、黄色メインで「ポイント2倍キャンペーン」をアピールしてました。

2008714blog2

そしてもちろん目的地の宝くじ売り場でも「発売中」の黄色い文字が目に入ってきます。

2008714blog3

バラ10枚、連番10枚、オマケにキャリーオーバー発生中のトトビッグも10口買っちゃいました。

当たらね~かな~。。毎回毎回、絶対誰か当たってるんだもんな~。。。

シグマDP1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

スナップショットを考える。。

先日の取材釣行で久々に街に出かけることになり、スナップショット写真を撮る機会がありました。そんなときに役立つのがDP1。一眼レフのように大袈裟じゃない分携帯も楽だし、人目も気になりづらい。。(→それでデジイチ並の写りをするのだから言うことなし?)

そんな中、カフェで撮った一枚の写真。

読書に励む飼い主の下で、ダラッと伸びるワンコ。。

2008628blog1

果たしてこれは、肖像権を侵害した事にはならないのだろうか?と。。まあ、自分個人的な判断としては、横顔で本人を特定できそうにないし、これはギリギリOKなのではないかと判断した訳です。(→これだってNGと考える人も居るでしょうが・・・。)

さて、この辺りをいったいどう考えたらいいのかと、いろいろ調べてみると、あるカメラ雑誌に載っていたスナップ写真のルールと言うのがありまして、そこには→「公道など公的生活領域(パブリックスペース)での撮影は、承諾がなくても肖像権を侵害したことにはならない」と書いてありました。まあ、確かにプライベートスペースで写真を写すって事は、つまり即盗撮って事になる訳ですからそれは間違いなく犯罪行為です。

でもどうでしょう?いくらパブリックスペースとは言え何でも有りかと言えばそんな事もありません。撮られた人が恥ずかしくなるような内容を撮影することは肖像権の侵害になる可能性は十分に有る訳です。(→パンチラ胸チラ、チャック全開写真などなど。。)まあ、最終的にはマナーとかモラルの問題になってきてしまうのでしょうが、、自分が撮られて嫌な写真は撮らない!という事になるでしょう。

近年、そういった部分がどんどんデリケートになってきて訴訟問題になったりとかあるようですが、、自分としてはヒトが写っている景色が好きですから、ちょっと考えさせられました。。

横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169) Book 横木安良夫流スナップショット (えい文庫 169)

著者:横木 安良夫
販売元:エイ出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんな↑本でも買ってみて、勉強してみようかな~。。

という事で、最後に肖像権とは無縁の写真も一点。

2008628blog2

先日アップした、Eos Kiss X2で撮った写真と比べても、、勝るとも劣らない絵が撮れてると思いませんか?

シグマDP1

| | コメント (10) | トラックバック (0)