« 開高健氏の書斎。 | トップページ | 「バスと釣り人。」その8 »

2009年1月28日 (水)

キャプテンブラック・ゴールド

さっそく買ってきました、、開高氏愛喫の銘柄、キャプテンブラック・ゴールド。書斎にあったような缶入りではなくパウチ入りの物になりますが、昔ながらのパッケージが渋いです。(→健康云々の注意書きは興ざめですが。。)

2009128pipe_2

果たして、どんなお味か?さっそく試してみました。一言で言うなら「ナイスバランス」とでも言ったら良いのでしょうか、甘すぎず、強すぎず、心地のいい吸い味です。コーヒー&カカオフレーバーのゴールデンキャベンディッシュ煙草で、ブラックキャベンディッシュよりも煙草感が強くパワフルな感じもします。悪く言えば特徴が薄いということになるのかもしれませんが、着香系の煙草で常喫するのならこれくらいの方がくどく無くていいと思います。

葉っぱのカットは紙巻き煙草で見慣れたようなリボンカットで、燃焼性もよく、、初心者でも比較的綺麗に吸えるのではないでしょうか。また、喫煙後部屋に残る残り香も上品で個人的にはなかなか気に入りました。

コレで、少しだけ開高氏に近づけた様な気がします。気がするだけですけどね・・・。

|

« 開高健氏の書斎。 | トップページ | 「バスと釣り人。」その8 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャプテンブラック・ゴールド:

« 開高健氏の書斎。 | トップページ | 「バスと釣り人。」その8 »